ドン・ド・ペンのグルメ豆知識を公開中!
おもしろ知識・役立つ知識・俗語などいろいろ!
これであなたも
食識人
戦国の英雄
お題はこちら:「敵に塩を送る
「敵に塩を送る」という言葉。皆さん聞いたことはあるのではないでしょうか?実生活ではなかなかお目にかかれない、素晴らしい言葉ですね。でも何故「塩」なんでしょうか?こんなことが出来る人は本当にいるのでしょうか?・・・いたんです!その人とは、戦国の雄・・・。
1567年(永禄10年)武田信玄は13年間に及ぶ今川氏(駿河国/現静岡県)との同盟を破棄、東海方面への進出を企てます。領内に入られた今川氏真は、縁戚関係にあった北条氏康(相模国/現神奈川県)の協力を仰ぎ、武田領内への「塩留め」(経済封鎖)を行います。武田の領地は甲斐(山梨県)・信濃(長野県)にあり、海に面していないため「」を取ることが出来ず領民は苦しみました。この領民の苦しみを見過ごすことが出来なかったのが、信玄の好敵手「上杉謙信」でした。
越後の上杉謙信と甲斐の武田信玄。この両雄はこれまで何度も合戦を繰り返し、敵対していた間柄。しかし、「」を重んじる上杉謙信は、武田領民の苦しみを見過ごすことができず、越後から信濃へ「塩を送る」ことを決意。また、越後と甲斐で取引される塩が、高価にならないようにしたといいます。
越後から送られた塩が松本に到着したのが、1568年(永禄11年)1月11日。感謝の意をこめ毎年1月11日に「塩市」が開かれるようになりました。この塩市は現在「あめ市」として長野県松本市で開かれています。
素晴らしいですね「上杉謙信」。まさに戦後の英雄です。
Copyright(c) 2005 lifetalk All rights reserved.