あ〜何か美味しい物でも食べたいな〜。食って食って食い倒れてしまいたい!
食い倒れ?
タララタララタラララ〜。そうだ、大阪へ行こう!
というわけで、行ってきました大阪は梅田。「食い倒れ」といえば大阪の難波(南)になりますが、良いんです梅田で・・・私にも色々事情があるんです・・・。さて、梅田に着いての第一印象は、東京のオフィス街となんら変わりないといったところ。ここで本当に食い倒れができるのか?と少し不安にもなりました。が!しか〜し、そんな事は言ってられない!大阪についての知識がまるでないので、とりあえず駅周辺で食い処の聞き込み開始!編集者は行動力が命!
 JR大阪駅 大阪駅前 
 駅員さん・おまわりさん・店員さん・通行人・他、多くの人に「食い処」を聞くと、みんな口を揃えて「新梅田食道街が良いよ」と教えてくれる。実際に着いてビックリ「なんじゃこりゃ!」。駅近くのガード下(1・2F)に様々な飲食店が所狭しと並んでいる。フレンチから立飲み屋・鉄板焼きのお店まで、その数100軒以上!食い倒れだ・・・思わず「にやり」。
 食道街をウロウロしていると「立飲み屋」を発見。でも混んでいるのであきらめよう・・・。って、夕方4時で満員御礼かよ!サラリーマンがこんな時間から呑んでていいのか?大阪梅田恐るべし!
 食道街を奥へ行くと、一軒の鉄板焼屋があった。中へ入ると兄さんが焼きそばを作っている。旨そうなので早速来店!何を頼もうか悩んだ末、結局豚たまを注文。理由は・・・なんとなく。話をすると、とても気さくな2人。写真を撮るとき「カメラ目線でいいんですか?」と言っていたが、実際にカメラを向けるとめちゃめちゃ照れていた。美味しい豚たまありがとう。
 豚たまを食べ終え、更に食道街を探索。すると畳半畳分程のスペースで、たこ焼きを売っている店がある。大阪へ来たのだからやっぱりたこ焼きは外せない!早速注文。しかし、たこ焼きはいたって普通。おばちゃんは、この地で20年程たこ焼きを焼いているらしく、その前は東京(新小岩付近)でたこ焼きを焼いていたらしい。何気ない会話が続き、食べ終えた後おばちゃんが強烈な一言を・・・「うちのお店神田にもあるから、近くに行ったらよってな」。・・・東京にあるの? ・・・先に言えよ。
 ショックを隠しきれないまま、次の店へ向かう。2つ濃い味が続いたので次はサッパリと!そこで伺ったのが「よろずや」さん。このお店は、新鮮な魚介類とおでんを出してくれる。板さんお任せ3種の刺身とサザエ・活き焼きカニを注文。刺身の中に傷みやすい「ホタルイカ」が入っていたが、とても新鮮で臭みがなく非常に美味しかった!
このお店の系列店が食道街にもう1店舗あり名前は「丸」。2軒の名前を足すと「よろずや丸」になり、オーナーの船の名前になるそうです。「オーナーは漁とかやるんですか?」と板さんに聞いてみると、「いいえ、ただの釣り用の船です」と一言。う〜む・・・会話はあまりはずまなかった。
 もーお腹いっぱい。少し休もう・・・と、ホテルへ向かう。そこへ一軒のうどん屋が現れた。関西のうどん・・・「月見うどん一つ」。迷うことなく注文!一気に平らげた。あっさりスープがとにかく旨い!さすが大阪!
 翌日、朝一で新幹線に乗り会社へGO。あっ!旅の楽しみ駅弁食べるの忘れてた!とりあえず、「五目釜飯」食べておきました。
この度、ご協力くださった全ての皆様に、厚く御礼申し上げます。
「食い倒れ」が目的だった今回の大阪梅田一人旅ですが、
食に関することだけではなく、「人の温かさに触れる」旅でもありました。
現地に着いて右も左も分からない状況の中、
駅員さん・おまわりさんはもとより、通行人の方までもが温かく接してくださいました。
東京に住む多くの方が、忘れてしまっているもの・・・。
大阪梅田にはそれがあった気がします。
ご協力くださった皆様、本当にありがとうございました。
戻る
Copyright(c) 2005 lifetalk All rights reserved.